医療法人 財団大西会 千曲中央病院

026-273-1212 TEL 交通アクセス アクセス

リハビリテーション科

患者様に合わせたリハビリテーションを提供致します。

院内最上階から姨捨山を望む広々と落ち着いた環境と充実した設備の中、
患者様が一日でも早く安心して元の暮らしに戻ることができるよう、
スタッフ一同、積極的に取り組んでいます。

 

外来リハビリ

外来リハビリテーションを受けるには・・・
リハビリは医師の指示により行うことができます。
外来リハビリ(要予約)を希望される方は、まず受診下さい。

お問い合わせ
電話受付時間 月〜金曜
午後14時〜17時
土曜日
午前9時〜11時
連絡先 026-273-1212(代表) 内線460
休診日 病院休診日と同様(日曜日、祝日、第2土曜日、第3木曜日)

詳しくは当センターの外来担当スタッフまでお問い合わせください。

 

院内リハビリ

院内リハビリテーションでは
機能回復を目指すと共に、入院生活環境の不都合さや不安などを軽減するために、早期よりリハビリを開始させていただいています。病棟ごと理学療法士・作業療法士・言語聴覚士を担当制で配置することにより、総合的な視点でリハビリをおこなっています。

退院後は…
安心した在宅生活が送れるよう、当院訪問リハビリステーションや地域事業所と協力しています。

「生活」に寄り添ったリハビリの提供で安全な入院生活をサポート

病気やケガなどにより、生活の不安や体の不自由さを抱える皆様が、入院された日から安全な入院生活を送れるようサポートさせていただきます。
ご不明な点やお困りのことがございましたら、お気軽にご相談下さい。

リハビリスタッフが、入院された日(休日を除く)に皆様のお部屋にうかがい、病室内や病棟のご案内をさせていただきます。

院内生活場面を通して、排泄・食事・洗面・更衣・入浴といった日常生活動作の練習をし、在宅生活を見据えた関わりをさせて頂いています。

リハビリ室での獲得動作が実際の入院生活場面に対応できるよう、病棟内でも並行して評価・練習を実践しています。

おいしく食べ続けるために飲み込みをサポート

「噛む力」「飲み込む力」の改善と肺炎などの病気の予防を目指し、リハビリテーションの一環として、食事前の体操(嚥下体操)を行っています。


 

リハビリステーション

リハビリステーションでは・・・
短時間型の通所リハビリと訪問リハビリを提供させて頂いています。
寝たきりを防ぎ、ご自分でできることを増やしてイキイキとした生活を送れるよう支援を行っています。
通所リハビリでは、退院直後の身体機能の向上、自宅へ戻られて困る事などに対して、充実したリハビリサービスを提供させて頂きます。
訪問リハビリでは、生活に必要な動作指導、福祉用具のアドバイス、コミュニケーション訓練と共に、ご家族の方への介護方法、安全に食事が取れる方法の指導・工夫なども併せて行います。

このような悩みをお持ちの方

  • 最近、歩きにくくなってきた
  • 退院後、自宅での生活が不安
  • 介護・介助の仕方がわからない
  • 寝たきり・閉じこもりを防ぎたい
  • よくむせるようになってきた
  • 言葉が出にくい、ロレツが回らない など
リハビリステーションまでお気軽にご相談ください。
通所・訪問リハビリサービスのご利用までの流れ
  1. ケアマネージャー・かかりつけ医にご相談ください
  2. ケアマネージャーや医師より、当リハビリステーションに依頼がきます。
  3. サービスが開始されます。
営業時間 月曜日~金曜日
8時30分~17時30分
土曜日
8時30分~13時
休業日 日曜・年末年始
対象地域 千曲市・坂城町・長野市南部
※送迎地域は応相談
相談窓口 リハビリステーション(4階)
026-272-5995(直通)
リハビリテーションセンター
026-273-1212(代表)
ケアマネージャーの皆様へ リハビリテーション申込書はこちら
リハビリテーション指示書はこちら

 

スタッフ紹介

  • 理学療法士(PT) 19名
  • 作業療法士(OT) 10名
  • 言語聴覚士(ST) 6名
  • リハビリステーション 14名
  • Vitas 3名
理学療法士

様々な病気やケガで生じた障害に対し、基本的な動作能力(起き上がり・立ち上がり・歩行等)を回復させるお手伝いをしています。必要に応じて在宅環境調整、福祉用具のご提案、患者様とご家族への在宅生活での動作・介助方法の指導等もさせて頂き、退院後もその方らしい生活を送って頂けるようにサポートさせて頂いています。

作業療法士

リハビリとして、身の回りにある色々な作業や活動を用い、社会や家庭での生活ができるように治療・練習・指導・援助などを行ないます。日常生活に支障が出ているときは、どう工夫すれば安全で楽にできるようになるのかなど、実際の動作を行なう中でご指導致します!必要な福祉用具のご提案や製作、住環境のアドバイスなども行ないます!

言語聴覚士

コミュニケーションの問題(ロレツが回らない、上手くしゃべれない、言葉が理解しにくいなど)、その他、高次脳機能の問題(物事を覚えられない、使い慣れている道具が上手く使えないなど)・飲み込みの問題を抱えた方の検査やリハビリ、ご家族への助言などを行っています。また言語障害を抱えた方々の友の会「千曲川あんず言葉の会」を、近隣病院・施設の言語聴覚士と行なっています。
また、訪問リハビリを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

  • 千曲中央病院公式BLOG
  • 千曲中央病院看護部BLOG
  • 千曲中央病院facebook
  • 介護老人保健施設ひまわり